1. ホーム
  2. 社会
  3. しっかり育って 小田原の漁協がサザエ・アワビ稚貝放流

しっかり育って 小田原の漁協がサザエ・アワビ稚貝放流

社会 神奈川新聞  2015年06月23日 03:00

サザエの稚貝を放流する漁協関係者=小田原市の沖合
サザエの稚貝を放流する漁協関係者=小田原市の沖合

 漁業資源を保護するため、小田原市漁業協同組合(高橋征人組合長)は22日、サザエとアワビの稚貝を同市の沖合で放流した。同漁協では、「つくり育てる漁業(栽培漁業)」を推進しようと、約20年前から稚貝の放流を続けている。

 この日は、同漁協の刺網部会に所属する漁師ら約20人が同市の沖合3カ所で、サザエの稚貝約6万個、アワビの稚貝約3万1千個を放流した。

 漁獲できるようになるには、サザエが約2年、アワビは4~5年かかるといい、鈴木喜一部会長(66)は「放流した稚貝のうち、無事に成長するのは半分にも満たない。しっかりと育ってほしい」と願っていた。


シェアする