1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 砂浜での禁酒は見送る 藤沢市が海水浴場ルール策定

砂浜での禁酒は見送る 藤沢市が海水浴場ルール策定

政治行政 神奈川新聞  2015年06月23日 03:00

 7月1日の海開きを前に、藤沢市は海水浴場ルールを策定した。海水浴客に対して、節度ある飲酒や入れ墨・タトゥーの露出制限などを求めたが、砂浜での禁酒は見送った。市は「ルールに法的な強制力はなく、あくまでお願い事項」と説明している。

 今年3月に県のガイドラインが改定され、各自治体にルールの策定が義務付けられたことを受けた措置。行政や海水浴場組合、観光業者でつくる市夏期海岸対策協議会で練り上げた。

 同市内ではこれまで、組合側が自主ルールを定めて海の家のクラブ化禁止に努めてきた。今回新たに作ったルールでも、「海の家に関する事項」については、この自主ルールを踏襲。クラブ営業の禁止や営業時間(午前8時から午後8時半まで)、従業員の入れ墨・タトゥーの露出制限、暴力団排除の徹底などを取り決めた。

 「ビーチの利用者に関する事項」はこれまで規定がなく、初めて明文化した。ルールの順守を図るため、市は今夏、片瀬西浜、片瀬東浜で職員によるパトロールにも取り組むとした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会