1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 条例施行を受け県議が手話研修

条例施行を受け県議が手話研修

政治行政 神奈川新聞  2015年06月19日 03:00

研修会で手話を学ぶ県議ら=県庁
研修会で手話を学ぶ県議ら=県庁

 県手話言語条例が4月に施行されたことを受け、県議を対象とした初の手話研修会が18日、県庁で開かれた。約60人が参加し、あいさつや聴覚障害者との接し方について学んだ。

 条例は、手話が意思疎通に欠かせない言語であるとの認識に立ち、聴覚障害者が手話を使って社会参加しやすい環境づくりを進める目的で、議員提案により昨年12月に制定された。

 この日は、県の手話通訳者が講師となり、手話の基本を説明。県議らは「おはようございます」といったあいさつや自己紹介の手話を繰り返し実践し、理解を深めていた。今後も継続的に研修会を開く予定。


シェアする