1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「政治に興味を」「時期尚早」 18歳選挙権で県内反応

「政治に興味を」「時期尚早」 18歳選挙権で県内反応

選挙 神奈川新聞  2015年06月18日 03:00

 選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公選法が成立した17日、新たに有権者となる10代からは、「民意」の一翼を担うことに期待の声が上がる一方、社会を知る前の政治参加を不安視する意見も聞かれた。教育現場は、権利の対価として義務と責任を育むことの必要性を強調する。「1票」の拡大は、若者の政治離れに歯止めをかけられるのか-。県内の反応を追った。



 「10代の声を政治に届ける新たなスタート」。2013年から18歳選挙権の実現運動を展開してきた高校生ら10代の若者でつくる「ティーンズ・ライツ・ムーブメント」(TRM)のメンバー約80人は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする