1. ホーム
  2. 社会
  3. 金・土診療、午後も受け付けへ 相模原

金・土診療、午後も受け付けへ 相模原

社会 神奈川新聞  2015年06月17日 03:00

 相模原市は、市立診療所でこれまで午前のみだった金・土曜の診療を午後も行う市立診療所条例の一部改正案を、現在開会中の市議会6月定例会議に提出した。可決されれば、来年4月1日から施行される。

 市立診療所は、青野原(緑区青野原)、千木良(同区千木良)、藤野(同区小渕)の3診療所があり、いずれも医療機関の少ない中山間地に位置する。

 現在の診療日は、月曜から土曜で、金・土曜は午前のみ。改正案では、金・土曜の午後も診療時間となり、日・月曜は休診日となる。

 市地域医療課によると、城山地区を除く津久井地域で、土曜午後に診療が受けられるのは、1施設のみ。市立診療所では、金・土曜の利用者が他の曜日に比べて多いことから、診療時間の拡充で利便性の向上を図る。

 市立診療所では、午後1時から同3時までが往診可能な時間であるため、これまで休診だった金・土曜の午後も診療時間となれば、往診時間も増える。同課は、「高齢化が進み、在宅医療が注目される中、往診できる機会が増えるというメリットもある」と話している。


シェアする