1. ホーム
  2. 話題
  3. 香り高くすっきり 藤沢産使い芋焼酎発売へ

香り高くすっきり 藤沢産使い芋焼酎発売へ

話題 神奈川新聞  2015年06月15日 03:00

藤沢市宮原で収穫したサツマイモを原料に製造された焼酎「かわせみの詩」
藤沢市宮原で収穫したサツマイモを原料に製造された焼酎「かわせみの詩」

 藤沢市宮原の住民たちが自らの手で栽培したサツマイモを有効活用した芋焼酎「かわせみの詩(うた)」を開発した。活性化交流施設「宮原コミュニティかわせみ」の運営委員会が、藤沢酒販協同組合と連携して商品化した。限定千本で、7月1日から販売を始める。

 公設民営の同施設は敷地内に農園を整えており、作物の販売収益を施設の運営費の一部に充ててきた。収穫されたサツマイモでより付加価値の高い商品を生み出し、地域のPRや活性化につなげようと、同委員会が一昨年2月に焼酎造りを企画。昨年夏に試行的に造った焼酎500本を市北部限定で販売したところ、たちまち完売した。

 今年は生産量を倍にした上で、販売エリアも藤沢、茅ケ崎、寒川の2市1町に拡大する。差別化を図ろうと、アルコール度数は一般的な焼酎よりやや高めの27度に設定。香り高くすっきりした飲み口に仕上がった。

 同委員会の鈴野昌太郎委員長は「将来的には藤沢のブランドとして定着させたい」と意欲を語った。同組合も「ナショナルブランドの価格競争では大手量販店にかなわないので、独自商品として勝負していきたい」と話していた。

 720ミリリットルで1480円。6月下旬に取扱販売店が決まる。問い合わせは、同組合電話0467(52)8218。


シェアする