1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 義経の業績しのぶ 藤沢・白旗神社で

義経の業績しのぶ 藤沢・白旗神社で

カルチャー 神奈川新聞  2015年06月14日 03:00

源義経をしのび行われた鎮霊祭=藤沢市の白旗神社
源義経をしのび行われた鎮霊祭=藤沢市の白旗神社

 源義経を祭神としてまつる藤沢市の白旗神社で13日、義経公鎮霊祭が開かれた。氏子をはじめ、市民や義経ファンら計50人ほどが参列し、ふるさとの英雄をしのんだ。

 義経は1189年4月に岩手県・平泉で自害。その後、頭部は鎌倉の腰越に運ばれ、本人かどうかを確認する首実検の後に同神社に、胴体は宮城県の栗駒高原にそれぞれ葬られたとされている。

 頭部と胴体が別々に埋葬されている現状を悲しみ、同神社は1999年、同高原の胴塚から土とみ霊を運び合祀(ごうし)。境内に鎮霊碑を建立し、首実検の行われた6月13日に毎年鎮霊祭を開いてきた。

 鎮霊祭では鈴木大次宮司が祝詞を奏上し、氏子や市民らが玉串を奉納。参列した県内在住の女性は「義経さんの冥福を祈るために来た。これからも(祭神として)世界を見守ってくれれば」と話していた。


シェアする