1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全日本大学野球、神大が接戦制し4強

全日本大学野球、神大が接戦制し4強

スポーツ 神奈川新聞  2015年06月12日 03:00

【大商大-神大】タイブレーク10回表神奈川大1死満塁。山原が勝ち越しの左前適時打を放つ=神宮
【大商大-神大】タイブレーク10回表神奈川大1死満塁。山原が勝ち越しの左前適時打を放つ=神宮

 全日本大学野球選手権第4日は11日、神宮球場で準々決勝が行われ、昨年準優勝の神奈川大(神奈川)、3年ぶりの制覇を狙う早大(東京六大学)、一昨年覇者の上武大(関甲新)、12年ぶり出場の流通経大(東京新大学)がベスト4入りした。12日の休養日を挟み、13日の準決勝は流通経大-神奈川大、上武大-早大のカードとなった。

 神奈川大はタイブレークの延長十回、6-5で大商大(関西六大学)に競り勝った。早大は八回に勝ち越して専大(東都)を4-3で破り、上武大は4-1で九産大(福岡六大学)を下した。流通経大は6-2で東亜大(中国)を振り切り、準優勝した1986年以来29年ぶりの4強。

◇昨年準V 大きな経験

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする