1. ホーム
  2. 話題
  3. クリーンよこすか市民の会 20日に41回目つどい

クリーンよこすか市民の会 20日に41回目つどい

話題 神奈川新聞  2015年06月11日 10:38

昨年の市民のつどいで行われた美化表彰=横須賀市文化会館
昨年の市民のつどいで行われた美化表彰=横須賀市文化会館

 横須賀市内の町内会や企業・団体で構成し、自発的な環境美化などに取り組む「クリーンよこすか市民の会」(西原徹会長)が20日、41回目となる市民のつどいを開催する。昨年までは著名人らの講演を行っていたが、今回は視点を変え、特色のある活動をしている地域団体にそれぞれの取り組みを発表してもらうコーナーを設ける。

 地域団体による発表は、各地域の活動の参考にすることを目的に企画された。地元馬堀中の防災訓練と自治会の炊き出し訓練、さらには公園清掃をセットで実施している桜が丘1丁目自治会、観音崎公園ビジターセンターなどと連携して町の美化を行う三軒谷町内会、関東学院大と合同でクリーン活動などを実施している追浜本町1丁目町内会が取り組みを紹介する。

 同会は1974年4月に発足。街頭でのごみ拾い、ポイ捨て防止を訴える活動、あいさつ運動など、地道な活動を市内各地で継続。同市によると、京急線横須賀中央駅周辺でのポイ捨てごみの量が2007年と比べて約5分の1にまで減少するなど、効果を挙げている。

 市民のつどいは午後1時半から。会場は横須賀市文化会館で入場自由。例年と同様、環境美化活動などに尽力した個人や団体への表彰や、本年度の実践活動目標の発表なども行う。問い合わせは市資源循環推進課電話046(822)9396。


シェアする