1. ホーム
  2. 社会
  3. 圏央道交通量計画下回る 相模原区間が開通半年

圏央道交通量計画下回る 相模原区間が開通半年

社会 神奈川新聞  2015年06月11日 03:00

 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の相模原愛川インターチェンジ(IC)-高尾山IC間(相模原区間、14・8キロ)が2014年6月末に開通し、東名高速と中央道、関越道と結ばれて間もなく1年。国土交通省相武国道事務所が9日までにまとめた開通半年の交通状況によると、1日当たりの交通量は平均3万4千台と、当初計画や開通3カ月を下回った。

 同事務所によると、11年10月の事業再評価での計画交通量は約4万台。今回の結果は開通3カ月の3万5800台も下回ったが、「季節変動もあるので、引き続き調査して開通効果を見る」とした。

 一方、同区間に並行する一般道の交通状況(14年12月調査)では、八王子バイパスが12%減少。大型車に限定すれば20%減と、交通環境が改善していることが分かった。

 相模原市内の国道129号(中央区、田名赤坂交差点)は2%減、国道16号(同区、淵野辺交差点)では変化はなかった。同事務所は「これまで国道16号の渋滞を避けて住宅地の市道などに入っていたのが、圏央道開通で流れがよくなり、国道に戻ったこともあるのでは」と分析する。

 相模原区間では、相模原ICが本線開通に遅れて今年3月末に開通。中日本高速道路によると、同ICの利用状況は4月は上下合わせて計17万5200台だった。同月の相模原愛川ICは64万1500台だった。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕