1. ホーム
  2. 政治行政
  3. オスプレイ相模原上空飛行 市、目撃情報を「認識」

オスプレイ相模原上空飛行 市、目撃情報を「認識」

政治行政 神奈川新聞  2015年06月10日 03:00

 相模原市は9日、米軍新型輸送機MV22オスプレイが在日米軍横田基地(東京都)に飛来した時期に市内上空を飛行していたことについて、「飛行ルートは明らかにされていない」としつつも「目撃情報は、市としても認識している」と明かした。

 この日開かれた市議会本会議で、松永千賀子氏(共産)の代表質問に答えた。

 松永氏は、2017年に米空軍のオスプレイが横田基地に配備されることを受け、市内への影響を質問。今月、同基地に飛来したオスプレイが緑区、南区の上空を飛行したとの目撃情報があったとし、「市が(同基地への)飛行ルート上にあるのではないか」と指摘した。

 市渉外部は「オスプレイが横田基地に配備された場合には、国に対し、適切かつ具体的な情報を提供するよう求めていく」と話した。


シェアする