1. ホーム
  2. 社会
  3. セアカゴケグモ、横浜初確認 鶴見の事業所内で

セアカゴケグモ、横浜初確認 鶴見の事業所内で

社会 神奈川新聞  2015年06月05日 03:00

鶴見区の事業所内で見つかったセアカゴケグモの雌(横浜市提供)
鶴見区の事業所内で見つかったセアカゴケグモの雌(横浜市提供)

 横浜市は4日、有毒のセアカゴケグモ1匹が鶴見区大黒町の事業所内で見つかったと発表した。セアカゴケグモは県内では川崎市や厚木市などですでに確認されているが、横浜市内では初めて。

 市によると、同日午前9時半ごろ、事業所の従業員が除草作業中に側溝にいるクモを見つけ、市に連絡した。体長約1センチの雌で、市は周辺を調べたが、ほかには見当たらなかったという。

 セアカゴケグモにかまれると痛みがあり、けいれんを起こすことがある。市は周辺事業者に注意を喚起するとともに、ホームページでも素手で触らないよう呼び掛けている。


シェアする