1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 高校野球神奈川大会 今夏は186校が参加

高校野球神奈川大会 今夏は186校が参加

スポーツ 神奈川新聞  2015年06月05日 03:00

 第97回全国高校野球選手権神奈川大会の運営委員会が4日、横浜市内で開かれ、昨年より4校少ない186校の出場が決まった。加盟192校のうち鶴見総合、田奈、厚木清南の3校が部員不足のため不参加で、合同チームは釜利谷・三浦臨海・横須賀明光と、高浜・大井の2チームが参加。初出場校はない。

 組み合わせ抽選会は13日午後1時から、横浜市西区の県立青少年センターで行われる。大会回数と同じ「97」の抽選番号を引いたチームの主将が選手宣誓を務める。

 開会式は7月11日正午から横浜スタジアムで実施し、同28日に同スタジアムで行われる決勝を目指して、県内12球場で185試合が繰り広げられる。

 開会式の始球式は、1948年の第30回大会を制し、戦後初めて神奈川代表として夏の甲子園に出場した浅野の正捕手、稲荷義郎さん(85)が行う。また開会式の司会は橘マネジャーの末廣楓さん(3年)、閉会式は川崎北マネジャーの飯田夏帆さん(同)が務める。


シェアする