1. ホーム
  2. 社会
  3. 公立小中の814棟が倒壊危険高く 耐震化95%の神奈川は5位

公立小中の814棟が倒壊危険高く 耐震化95%の神奈川は5位

社会 神奈川新聞  2015年06月03日 03:00

 文部科学省は2日、全国の公立小中学校の校舎など11万8504棟のうち、震度6強の地震に備えて耐震化された建物の割合が、4月1日時点で前年比3・1ポイント増の95・6%(11万3292棟)になったと発表した。6強以上で倒壊する危険性が高い建物はなお814棟残っており、国が目標としてきた本年度中の耐震化100%完了は困難な状況だ。下村博文文科相は公立幼稚園も含め耐震化が遅れている全国99の市町村長に、工事を急ぐよう要請する書簡を送った。

 小中学校は災害時に地域住民の避難場所にもなることから、文科省は地方自治体向けの補助金を増やして耐震化を後押ししてきた。だが財政難や学校統廃合の予定があるといった理由で工事を見合わせている自治体もある。

 4月1日時点で、耐震化されていない建物は全国で5212棟あった。このうち耐震診断で「震度6強以上で倒壊の危険性が高い」との結果が出たのは814棟で、都道府県別では北海道76棟、大阪70棟、福島67棟などとなっている。「6強以上で倒壊の危険性がある」のは3435棟。残る963棟は診断を受けていない。学校名は公表されていない。

 耐震化率は、愛知、宮城、静岡など8都県が99%を超えた一方、広島、福島、沖縄など7道県は80%台にとどまった。現在、工事が進んでいる建物もあり、本年度末には全国で98%前後に進展、強度不足の建物は約2400棟に減る見通しだ。

 調査は木造以外の校舎や体育館、寮が対象。東京電力福島第1原発事故の影響で調査が難しい福島の7町村は除いた。

 他の公立学校の耐震化率は、幼稚園86・7%、高校93・7%、特別支援学校98・1%だった。

 このほかつり天井がある公立小中学校の体育館や屋内プールなど5256棟のうち4849棟で、地震に備えた落下防止策が取られていないことも明らかになった。

 神奈川県内の公立小中学校の耐震化率は99・4%(前年比1ポイント増)で、前年の全国7位から5位に上昇。一方、高校は71・6%で前年比2・2ポイント増にとどまり、全国ワーストとなった。幼稚園は91・7%で20位、特別支援学校は91・6%で44位だった。


シェアする