1. ホーム
  2. 社会
  3. 大涌谷にロボット導入? 火山対策で県のプロジェクト始動

大涌谷にロボット導入? 火山対策で県のプロジェクト始動

社会 神奈川新聞  2015年05月29日 03:00

ロボットによる火山対策などを検討したプロジェクトチームの初会合=県産業技術センター工芸技術所
ロボットによる火山対策などを検討したプロジェクトチームの初会合=県産業技術センター工芸技術所

 火山活動が活発化している大涌谷周辺(箱根町)の立ち入り規制区域内で、ロボット技術を活用した火山対策や温泉供給対策を検討する県のプロジェクトが28日、本格的に動きだした。さがみロボット産業特区で進めている取り組みを生かし、温泉供給設備のメンテナンスなどを行う作業ロボットの開発を目指す。

 大涌谷周辺では噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられ、地元関係者からは宿泊施設への温泉供給継続を不安視する声などが出ている。

 県は「火山活動対応ロボット緊急開発プロジェクトチーム」を立ち上げ、小田原市の県産業技術センター工芸技術所で初会合を開催。ロボット開発や災害対応の専門家、県や箱根町の担当者らが出席し、温泉供給事業者や「黒たまご」を製造・販売する業者から現況や要望を聞き取った。小型無人機ドローンを使い、近日中に火口付近や温泉造成装置の調査を実施することなどを決めた。

 黒岩祐治知事は「人が立ち入ることができない場所だからこそ、ロボットで何とかできないだろうか。特区で開発を進めている災害対応ロボットの技術で対応できないか、知恵を絞りたい」と話した。


シェアする