1. ホーム
  2. 社会
  3. 酒気帯び運転の職員ら懲戒処分 県教委

酒気帯び運転の職員ら懲戒処分 県教委

社会 神奈川新聞  2015年05月28日 03:00

 県教育委員会は27日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された県立特別支援学校(平塚市)の男性職員(42)と、藤沢市立中学校の男性教諭(38)の2人をそれぞれ停職6カ月の懲戒処分とした。

 県教委によると、男性職員は3月14日午前0時20分ごろ、横須賀市内で酒気帯び状態でミニバイクを運転し、県警の検問で摘発された。4月14日に罰金20万円の略式命令を受けた。同僚ら約20人と平塚市内で飲酒し、自宅最寄りのJR久里浜駅付近からミニバイクで帰宅途中だったという。

 男性教諭は3月27日午後10時ごろ、茅ケ崎市内で酒気帯び状態で乗用車を運転中に県警の検問で摘発され、5月15日に罰金30万円の略式命令を受けた。茅ケ崎市内の居酒屋で1人で飲酒し、JR茅ケ崎駅近くの駐車場から乗用車で帰る途中だったという。


シェアする