1. ホーム
  2. 選挙
  3. 有効1票当落逆転も 相模原市議選票を再点検

有効1票当落逆転も 相模原市議選票を再点検

選挙 神奈川新聞  2015年05月21日 03:00

 4月の相模原市議選南区選挙区で次点となった大槻和弘氏(59)による異議申し出を受け、市選挙管理委員会は20日、一部の票の開披再点検を実施し、無効票の中に大槻氏に投票したと判読できる有効票1票を確認した。最下位当選者とは0・661票差であったため当落が逆転することになるが、市選管は24日に委員会を開き、再点検の結果を踏まえて最終的な決定を下すとしている。

 市選管によると、有効票と認めたのは、南区選管がどの候補者を記載したか読み取れないとした無効票の1票。「姓名全体を見れば候補者を特定できる」(市選管)と判断した。これとは別に無効票の白票が8票多いことも明らかになった。市選管は「遺憾で申し訳ない。きちんと検証をしたい」と謝罪した。

 作業に立ち会った大槻氏は「委員会の正式な結果を待ちたい」、最下位当選者の小林丈人氏(43)も「しっかり考えて対応したい」とそれぞれ語った。

 今回は、(1)同姓の別候補者との案分票(2)大槻氏の有効票(3)同姓の別候補者の有効票(4)無効票-を開披再点検した。南区選管を除く市選管の職員らが作業を行った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会