1. ホーム
  2. 箱根登山鉄道
  3. 成育良好で期待上々 アユ解禁前に早川で試し釣り

成育良好で期待上々 アユ解禁前に早川で試し釣り

箱根登山鉄道 神奈川新聞  2015年05月20日 03:00

試し釣りで釣り上げられたアユ=小田原市の早川
試し釣りで釣り上げられたアユ=小田原市の早川

 来月1日のアユ釣り解禁を前に、箱根町と小田原市を流れる早川で19日、早川河川漁業協同組合(細川孝組合長)による試し釣りが行われた。

 箱根登山鉄道箱根湯本駅近くのあじさい橋から小田原漁港近くの早川橋まで約4キロの流域で、県の許可を受けた組合員9人が午前8時半ごろから約2時間半にわたって釣り糸を垂らした。

 開始時の水温は18・5度。1人につき友釣りでは5~12匹、毛針釣りでは20~30匹の釣果があった。大きさは友釣りで最大16・5センチ、毛針は最大12センチだった。

 同漁協の内藤衛小田原支部長らは「雨の影響で水がにごり、釣果はいまひとつだったが、今シーズンはアユの遡上(そじょう)が例年より早く、大きな個体が多い。期待が持てる」と話している。

 同漁協では4月以降、稚アユ計約20万6千匹を放流。解禁後の6月8日にもさらに3万匹を放流する予定。アユ釣りシーズンは6月1日から10月14日まで。


シェアする