1. ホーム
  2. 社会
  3. 最終報告書は「今月中公表」 中1男子殺害で市教委

最終報告書は「今月中公表」 中1男子殺害で市教委

社会 神奈川新聞  2015年05月13日 03:00

 川崎市教育委員会は12日、臨時会を開き、市立中学1年の男子生徒殺害事件の検証と再発防止策を検討している市教委検証委員会の最終報告書案について議論した。臨時会終了後、渡邊直美教育長は最終報告書は今月中に公表することを明らかにした。

 市教委は、犯罪などに関わる児童生徒の個人情報を学校と警察が相互に提供する学校・警察連携制度の協定を結ぶ方針を決めており、渡邊教育長は協定を再発防止策の一つとして最終報告書に明記することなどを説明。「青少年を取り巻く環境が複雑化する中、専門的な関係機関の有効活用が大事という意見がきょうも多く出た」と述べた。

 外部有識者からの意見はおおむね報告書案に盛り込まれているといい、「強調する部分もあるので、さらに充実させたい」との考えを示した。

 市教委検証委員会はこの日の議論などを加えて最終報告書をまとめ、5月中に公表する。市教委最終報告書を踏まえ、再発防止策などを全庁的に検討する庁内対策会議が市としての最終報告書を今夏までにまとめる。


シェアする