1. ホーム
  2. 社会
  3. 82年ぶり大改修 横浜海岸教会、バリアフリー化

82年ぶり大改修 横浜海岸教会、バリアフリー化

社会 神奈川新聞  2015年05月12日 03:00

82年ぶりに大改修を行った横浜海岸教会。エレベーター(左下)を新設するなどバリアフリーにも対応した=横浜市中区
82年ぶりに大改修を行った横浜海岸教会。エレベーター(左下)を新設するなどバリアフリーにも対応した=横浜市中区

 日本人信徒が参加した最初のプロテスタント教会として知られ、横浜市認定歴史的建造物でもある横浜海岸教会(横浜市中区日本大通)が82年ぶりの大改修を終えた。耐震やバリアフリーにも対応し、15日を皮切りに今後は毎月第3金曜日に一般公開も始める。上山修平牧師(60)は「改修を機に、より人々に親しまれる教会に」と話している。

 開港後の横浜では、宣教師らが私塾を開いて英語を教えながらキリスト教を伝道した。このような私塾兼礼拝所として、現在の教会所在地に小会堂が建てられ、1872年に祈とう会を始めたのが同教会の始まり。その3年後に「横浜海岸教会」と改称して本格的な会堂を建設したが、1923年の関東大震災で倒壊。33年に再建した会堂を80年近く使ってきた。

 近年は礼拝に訪れる信者の高齢化が進み、建物の耐震面にも不安があったため、2013年秋から大改修に踏み切った。歴史的建造物のため、ろうそくをイメージした細長い窓やステンドグラスを組み込んだ扉などの外観は細部まで極力変更せず、壁を厚くするなどして補強。車いすにも対応したトイレやエレベーター、授乳コーナーもある「親子室」などは新設した。

 改修費用の約3億3千万円のほとんどは信者の献金でまかなった。改修工事期間中の約1年半は近隣のミッションスクールの礼拝堂などを借りて、日曜礼拝を続けながら、新会堂の完成を待ちわびてきたという。

 バリアフリー化などに対応したのを機に、毎月第3金曜日の一般公開も始めることにした。上山牧師は「7年後には創立150年を迎える。これからも横浜の人々とともに歴史を刻んでいきたい」と話している。

 初回の一般公開は15日午前10時~午後3時。午後0時10分から30分間は初心者向けの礼拝も行う。詳細は同教会ホームページhttp://www.kaiganchurch.or.jp/


ろうそくをイメージした細長い窓など、礼拝堂の内装はそのままに壁や床の補強が行われた=横浜市中区の横浜海岸教会
ろうそくをイメージした細長い窓など、礼拝堂の内装はそのままに壁や床の補強が行われた=横浜市中区の横浜海岸教会

シェアする