1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜M、古巣下す初ゴール 5月10日・新潟戦

横浜M、古巣下す初ゴール 5月10日・新潟戦

スポーツ 神奈川新聞  2015年05月11日 03:00

【横浜M-新潟】後半、決勝ゴールを決める横浜M・三門=日産スタジアム(共同)
【横浜M-新潟】後半、決勝ゴールを決める横浜M・三門=日産スタジアム(共同)

横浜M 1―0 新潟 
(前 1−0|後 0−0)


 トリコロールの一員となって2年目。移籍後初ゴールは横浜Mを2連勝へ導く決勝弾だった。プロに入って5シーズンを過ごした古巣の新潟を下したMF三門は「すごく興奮してプレーできた」と声を弾ませた。

 0-0の後半16分。長いクリアボールをワントップのアデミウソンが収めるのを見るや、威勢良く飛び出していく。パスを受け、トップ下の中町へ渡すとスピードアップ。走り込んだペナルティーエリア右でラストパスを受け、右足で流し込んだ。「僕の理想の形(ゴール)」と自画自賛する一発だった。

 昨季は出場13試合と不本意だったが、今季は縦へ速いサッカーを志向するモンバエルツ監督の下で活躍を見せる。上位との勝ち点差は大きいが、三門は前を向く。「チームで競争して、どんどん強くなっていければいい」と声を張った。


シェアする