1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 関東高校県予選:サッカーは厚木北と日藤が関東へ

関東高校県予選:サッカーは厚木北と日藤が関東へ

スポーツ 神奈川新聞  2015年05月10日 03:00

【関東高校県予選 サッカー準決勝 厚木北-湘南工大付】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ厚木北・守田=厚木市荻野運動公園競技場)
【関東高校県予選 サッカー準決勝 厚木北-湘南工大付】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ厚木北・守田=厚木市荻野運動公園競技場)

厚木北が逃げ切る

 厚木北は2点リードの後半にMF田中が退場し、13分に1点差とされたが、粘り強く守って逃げ切り勝ち。主将のDF笹野は「10人で耐えられて良かった」と喜んだ。

 前半9分の先制点は速いリスタートのFKから、最後は空いたスペースへ走り込んだMF守田が決めた。攻守とも隙のない戦いぶりが光り、1ゴール1アシストのFW小金澤は「気持ちを見せたかった」と会心の表情。昨季の全国選手権県2次予選で決勝敗退を味わった守田は「今年こそやってやる」とチームの思いを代弁していた。

日藤スタイル健在

 1月の全国選手権4強の日大藤沢がPK戦を制し、主将のDF小野寺は「一体感を持ってやれた。応援も含めて全員で勝ち取った勝利」と満足そうだ。

 PK戦では5人全員が迷いなく蹴り込み、「全国と比べれば、(県大会は)どうってことないという気持ちでやれている」と語るGK鈴木が桐蔭学園の3本目を止めた。

 先制点は長いパスをFW中山が収め、FW蛭田が切り込んで決めた。縦に速く、強いスタイルは今年も健在だ。佐藤監督は「過信しちゃいけないが、自信にしてもいい」と褒めていた。


シェアする