1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根の火山性地震、再び増加 気象庁「当面は活発な状況」

箱根の火山性地震、再び増加 気象庁「当面は活発な状況」

社会 神奈川新聞  2015年05月08日 16:37

火山性地震が続く箱根山の大涌谷=5日午後2時6分
火山性地震が続く箱根山の大涌谷=5日午後2時6分

 箱根山(箱根町)の活発な火山活動で気象庁が8日午後4時に発表した解説情報によると、同日に大涌谷周辺で起きた火山性地震は午後1時現在で34回に上っている。6、7日はそれぞれ13回、12回とやや落ち着いていたが、再び増加している。同庁火山課は「こうした消長を繰り返しながら当面は活発な状態が続く」とみている。

 大涌谷斜面の温泉供給施設では引き続き蒸気が勢いよく噴出しており、山体の膨張を示す地殻変動も続いている。

 5段階の噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)が継続。大涌谷周辺では小規模な噴火の恐れがあり、噴石や火山灰に注意するよう呼び掛けている。


シェアする