1. ホーム
  2. 経済
  3. セレサモス2号店誕生へ 川崎・宮前に10月後半めど

セレサモス2号店誕生へ 川崎・宮前に10月後半めど

経済 神奈川新聞  2015年05月07日 03:00

建設中のセレサモス宮前店のイメージ
建設中のセレサモス宮前店のイメージ

 JAセレサ川崎は川崎市宮前区宮崎で、大型農産物直売所セレサモス2号店の建設を進めている。宮前店として10月後半のオープンを目指す。

 7136平方メートルの敷地に直売所と、農薬や肥料などを販売する店舗を建設する。それぞれ2階建てで、直売所の1階部分911平方メートルのうち、市内各地で生産された農産物の売り場面積は約300平方メートル程度で、麻生区黒川の1号店と同規模になる見通し。その他は加工室やバックヤードとし、2階(541平方メートル)は研修や料理教室などを開く多目的スペースとなる予定という。

 現地は東急田園都市線宮崎台駅から徒歩約10分で、駐車場115台、駐輪場32台を整備。アクセスの良さも確保した。

 JAセレサ川崎は「1号店オープン当初から『市内中心部にもセレサモスがほしい』という要望があった。消費者のニーズに応えるとともに、市内農業の活性化をさらに進めたい」と話す。


シェアする