1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「居住要件ない」 横浜市議めぐり当選異議申出書

「居住要件ない」 横浜市議めぐり当選異議申出書

政治行政 神奈川新聞  2015年05月02日 03:00

 横浜市選挙管理委員会は1日、4月の市議会議員選挙青葉区選挙区における当選の効力に関する異議申出書が提出された、と発表した。

 市選管によると、同区内の50代男性が4月30日に提出。異議申出書では、同選挙区で当選した自民党公認の中山まゆみ氏(48)について、立候補届出書記載の住所に生活の様子がうかがえないため、公選法で規定された被選挙権の要件を満たしていないとして、当選無効を求めているという。

 中山氏が届け出た住所は、同党の福田峰之衆院議員(比例南関東)のホームページに記載されている「青葉事務所」と同じ住所となっている。福田氏の事務所は神奈川新聞社の取材に対し、「中山氏が出馬を決めた今年1月初めから青葉事務所として使っていたマンションを4月まで貸した」と説明している。

 市選管は当選人や関係者への聞き取りなどを行った上で、6月1日までに決定を出す方針。


シェアする