1. ホーム
  2. 社会
  3. 山開きで安全祈願 山北・大野山

山開きで安全祈願 山北・大野山

社会 神奈川新聞  2015年04月30日 03:00

家族連れなどハイカーがお弁当を広げる中、開かれた山開き=山北町の大野山
家族連れなどハイカーがお弁当を広げる中、開かれた山開き=山北町の大野山

 新緑の中、富士山から箱根、相模湾まで360度の展望を楽しめる山北町の大野山(標高723メートル)で29日、山開きが行われた。本格的な登山シーズン到来を祝い、1年間の安全を祈願した。町観光協会(清水正己会長)主催。

 山頂での式典の後、イベントでは南米アンデスの民族音楽やコーラスグループの歌声が山々にこだました。約3500人のハイカーらでにぎわい、用意した千本の牛乳はあっという間になくなった。小田原市から来た鈴木利泉さん(73)は「式典は初めて。華やかで楽しいね」とほほ笑んだ。

 山頂一帯にある県営牧場は来年3月に閉鎖される。今年3月には町内の県立丹沢湖ビジターセンター、JAの中川温泉「あしがら荘」も閉鎖され、丹沢湖周辺の三保地区の観光事業の再構築が課題となっている。

 大野山山頂までJR御殿場線谷峨駅から徒歩約1時間半、山北駅から同約2時間。問い合わせは、町観光協会電話0465(75)2717。


シェアする