1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 【写真特集】橘が昨秋Vの平学に大勝4強 福田が6打点

【写真特集】橘が昨秋Vの平学に大勝4強 福田が6打点

高校野球 神奈川新聞  2015年04月29日 20:09

昨年秋王者の平塚学園を破り喜ぶ橘の選手
昨年秋王者の平塚学園を破り喜ぶ橘の選手

 高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第7日は29日、横浜スタジアムで準々決勝を行った。第一試合は県相模原が横浜隼人を8―4で勝利。第二試合は橘が昨年秋の県大会優勝校の平塚学園を12―5で破り、ベスト4に駒を進めた。

他の写真を見る >



 5月2日に行われる準決勝は第一試合が東海大相模―桐光学園、第二試合が県相模原―橘の公立勢対決。決勝に進んだ2校が山梨県で開催される関東大会に出場する。

 橘は3番福田が3ランを含む4安打6打点の大当たり。打線も先発全員の計16安打。先発した平塚学園の背番号10・堀江に代わり、二回途中から救援したエース高田孝の直球にも振りまけず、集中打で突き放した。

 投げては2番手のエース寒水が五イニングを被安打4に抑えて零封。直球、変化球ともにコーナーに投げ分け、平塚学園に的を絞らせなかった。


勝った選手を出迎えた橘の応援席
勝った選手を出迎えた橘の応援席

六回表、橘二死2塁。福田が右前適時打を放つ
六回表、橘二死2塁。福田が右前適時打を放つ

5イニング零封に抑えた橘の寒水
5イニング零封に抑えた橘の寒水

ゴロをさばく橘の福田
ゴロをさばく橘の福田

3ランを放った福田を出迎えた橘の選手
3ランを放った福田を出迎えた橘の選手

八回表、橘一死2・3塁。増岡が適時三塁打を放つ
八回表、橘一死2・3塁。増岡が適時三塁打を放つ

平塚学園のエース高田孝
平塚学園のエース高田孝

二盗を決めた橘の下原
二盗を決めた橘の下原

四回表、橘二死1・3塁。戸田が適時打を放つ
四回表、橘二死1・3塁。戸田が適時打を放つ

二回表、橘一死3塁。高田が左中間に適時二塁打を放つ
二回表、橘一死3塁。高田が左中間に適時二塁打を放つ

シェアする