1. ホーム
  2. 選挙
  3. 期待背に決意新た 県内議員選

期待背に決意新た 県内議員選

選挙 神奈川新聞  2015年04月27日 03:00

藤沢

共産勢い 25歳“雪辱”味村氏


 20代の若手の立候補が相次いだ藤沢市議選では、25歳にして2度目の選挙を戦った共産新人の味村耕太郎氏が順調に得票を伸ばし、初当選を決めた。


集まった支持者と万歳する味村氏=26日午後10時55分ごろ、藤沢市の事務所
集まった支持者と万歳する味村氏=26日午後10時55分ごろ、藤沢市の事務所


 突然の解散で行われた昨年12月の衆院選に急きょ立候補。格差の解消や平和外交を掲げて善戦したが及ばず、当初から狙いを定めていた市議選に満を持して名乗りを上げた。

 県議選で6議席を得るなど党は躍進。最高のムードで幕開けした後半戦もその勢いを持続させ、着実に支持を広げていった。

 歓喜に包まれた事務所で、味村氏は「市民の命と暮らしを守る政策を訴えていく。若者を使いつぶすブラック企業やバイトの根絶に向け、規制条例の制定を目指す」と抱負を語った。

葉山

党唯一の議席を死守 土佐氏



 葉山町議選で3選を決めた土佐洋子氏(48)は、同町の事務所で「皆さまのおかげで当選させていただくことができました」と笑顔であいさつした。


当選が決まり、万歳する土佐氏(中央)=26日午後10時40分ごろ、葉山町の事務所
当選が決まり、万歳する土佐氏(中央)=26日午後10時40分ごろ、葉山町の事務所


 統一選後半戦では、浅尾慶一郎氏(衆院4区)が代表を務めるみんなの改革唯一の公認候補。浅尾氏や中西健治代表代行(参院神奈川選挙区)、地方議員らが連日応援に入り、党の1議席を死守した。

 葉山生まれの葉山育ち。プロウインドサーファーという異色の肩書を持つ。選挙公報には2020年東京五輪の「セーリング競技・キャンプの誘致」も掲げた。

 3期目への決意を「第三極に期待してもらえるよう努力し、葉山のために力を尽くしたい」と語った。

小田原

農家仲間と「里山守る」新人・鈴木氏



 「ものすごくたくさんのご支持をいただいた。小田原に暮らす皆さんが幸せになるよう頑張っていく」


当確の一報を受け、万歳する鈴木氏=26日午後11時ごろ、小田原市の事務所
当確の一報を受け、万歳する鈴木氏=26日午後11時ごろ、小田原市の事務所


 小田原市議選に出馬した無所属新人の鈴木和宏氏(46)は初当選を決め、同市早川の事務所で支援者らと笑顔でがっちりと握手を交わした。

 明治期から続くミカン農家の長男。農家の高齢化などで増加する耕作放棄地を活用し、オリーブを小田原の新たな特産品にしようと中心的に取り組んできた。

 選挙では、農家仲間や指導を続けるミニバスケットボールの関係者らの支援を受けた。「市民の目線、生産者の立場」を強調。「救急医療を充実させ、地元の里山と子どもたちの未来を守るため4年間取り組んでいく」と抱負を語った。

茅ケ崎

障害者の視点生かす豊嶋氏





茅ケ崎市議選では、無所属新人の豊嶋太一氏(41)が初当選した。車いすで生活する障害当事者が議員となるのは、同市では初めてだ。


当選確実となり、支持者らと笑顔を見せる豊嶋氏(中央)=27日午前0時すぎ、茅ケ崎市本村の事務所
当選確実となり、支持者らと笑顔を見せる豊嶋氏(中央)=27日午前0時すぎ、茅ケ崎市本村の事務所


 筋萎縮症(ウェルドニッヒ・ホフマン症候群)で、生まれつき手足が動かない豊嶋氏は、当事者の視点を取り入れたまちづくりの必要性を強く主張。障害者だけでなく、お年寄りやベビーカーを押す親、妊婦らにも配慮したバリアフリー化の推進などを訴えた。

 選挙期間中も車いすで街に出て演説を行うなど、当事者であることを前面に押し出した。豊嶋氏は「有権者に手を振れず、握手もできない選挙戦だったが、人生を懸けたつもり。自分の生き方を見てもらえた」と喜びを語った。

横須賀

チームプレーの勝利 山本氏





 横須賀市議選では、元巨人軍投手で無所属の山本賢寿氏(34)が初当選し、「市民の声を地道に拾い、チーム全員で戦った結果」と喜びを爆発させた。


初当選を果たし、ガッツポーズする山本氏(左)=26日午後10時15分ごろ、横須賀市大矢部の事務所
初当選を果たし、ガッツポーズする山本氏(左)=26日午後10時15分ごろ、横須賀市大矢部の事務所


 市内のうなぎ料理店の3代目。市立横須賀工業高(現横須賀総合高)から帝京大に進み、2003年ドラフト6位で巨人に入団した。引退後に留学や会社勤めなどを経験。市内の幼稚園や保育園、中学校で野球を教えてきた。

 昨年5月から朝夕駅頭に立ち、「スポーツには何かを変える力がある。スポーツの力で、横須賀の底力をもう一度見せよう」と訴えてきた山本氏。「(市の)東京五輪強化施設の誘致をもっと強く訴え、絶対に成功させたい」と意気込みを語った。


シェアする