1. ホーム
  2. 話題
  3. 踊りや食通じてアジアを体感 川崎で音楽祭やフェス

踊りや食通じてアジアを体感 川崎で音楽祭やフェス

話題 神奈川新聞  2015年04月27日 03:00

二胡の演奏など音楽でアジアの魅力を伝えた交流音楽祭=ラゾーナ川崎プラザルーファ広場
二胡の演奏など音楽でアジアの魅力を伝えた交流音楽祭=ラゾーナ川崎プラザルーファ広場

 音楽や踊り、食を通してアジアの魅力を伝える「音楽のまち・かわさきアジア交流音楽祭」と「かわさきアジアンフェスタ」が25、26の両日、川崎駅周辺で行われた。好天に恵まれた最終日の26日も、商業施設や商店街などの会場に多くの家族連れらが訪れ、各国の文化を耳や舌で楽しんだ。

 音楽祭は、駅周辺5カ所のステージと、同音楽祭と連動した市内3カ所の定期的なストリートライブ場所の計8カ所で実施された。ラゾーナ川崎プラザルーファ広場では中国の弦楽器「二胡(にこ)」の演奏が行われ、各会場で各国の民族楽器や民族舞踊など多彩なプログラムが披露された。

 アジアンフェスタでは、いさご通り沿いなどにベトナムやタイ、韓国などの料理店が屋台を出店する「アジア屋台村」が登場。ベトナムの生春巻き、韓国のトッポギやチヂミなど各国を代表する料理を販売した。来場者らは屋外に設けられたテーブルでおいしそうに味わっていた。


シェアする