1. ホーム
  2. 社会
  3. 北鎌倉素掘りトンネル通行禁止 崩落の危険性、28日から

北鎌倉素掘りトンネル通行禁止 崩落の危険性、28日から

社会 神奈川新聞  2015年04月24日 03:00

JR北鎌倉駅の脇にある素掘りトンネル
JR北鎌倉駅の脇にある素掘りトンネル

 JR北鎌倉駅(鎌倉市山ノ内)の脇にある素掘りトンネルについて、鎌倉市は23日、崩落などの危険性があるとして、28日から通行禁止とすることを明らかにした。トンネルは生活道路や通学路として使われているが、安全対策が講じられるまで、近接する円覚寺境内などを迂回(うかい)路として活用する。


 トンネルは長さ約7メートル、高さ2メートル、幅2・5メートル。80年以上前に岩を掘り抜いて造られ、樹木の茂るたたずまいは「緑の洞門」などと称され観光ガイドにも載るスポットとなっている。

 市道路課によると、市は昨年度、外部2カ所に調査を依頼。目視や触診などの調査に基づき3月末に提出された報告書では、いずれも落石、崩落などの恐れがあり緊急措置が必要と判断された。

 市は昨年8月、トンネルを開削し道路を拡幅する計画を地元町内会に説明していたが、今回の調査結果を受け、「崩落の危険性が高い」として通行禁止とすることを決定。具体的な安全対策は今後検討するといい、通行禁止解除の時期は未定という。

 市は24日にも通行禁止を周知する看板を設置し、28日からはガードフェンスでトンネルを閉鎖する。

 トンネルは市民の生活道路として使われているほか、近隣の県立大船高校や市立小坂小学校、北鎌倉幼稚園の子どもたちの通学路になっている。当面、近接する円覚寺の境内や県道を迂回路として使ってもらうといい、同課は「不便をお願いすることになる。できるだけ早く対応を検討したい」と理解を求めている。

 全校児童の1割強がトンネルを使っているという小坂小では、地域住民らが登下校時に迂回路を見守るという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会