1. ホーム
  2. 話題
  3. オスプレイ問題共有を 23日に学習会 横須賀

オスプレイ問題共有を 23日に学習会 横須賀

話題 神奈川新聞  2016年12月20日 02:00

オスプレイ
オスプレイ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属する新型輸送機オスプレイが沖縄北部沿岸部で不時着し大破した事故に抗議し、普天間配備の撤回を求める緊急の学習会が23日、横須賀市本町の産業交流プラザで開かれる。

 市民団体「非核市民宣言運動・ヨコスカ」と「ヨコスカ平和船団」の主催。学習会では、両団体メンバーの新倉裕史さんが画像や図版を使い、操縦の難しさや構造的な問題、過去の事故の実態などを報告する。

 米軍横田基地(東京都福生市など)への配備計画や、訓練飛行が予定されている他県関係者の反対の声なども紹介する。両団体は「オスプレイの問題点を共有し、横須賀から配備撤回の声を大きく上げたい」としている。

 午後5時半~8時。定員50人で先着順。資料代300円。問い合わせは、非核市民宣言運動・ヨコスカ電話046(825)0157。


シェアする