1. ホーム
  2. 社会
  3. 逗子・海の家BGM容認 市長「試行的に実施」

逗子・海の家BGM容認 市長「試行的に実施」

社会 神奈川新聞  2015年04月24日 03:00

今夏の海水浴場の運営について表明する平井市長(奥中央)=逗子市役所
今夏の海水浴場の運営について表明する平井市長(奥中央)=逗子市役所

 逗子海水浴場の海の家の規制をめぐり、平井竜一逗子市長は23日、今夏は試行的に営業時間の延長やBGMの使用を認める方針を正式に表明した。

 この日開かれた市民らでつくる運営検討会で、委員らに伝えた。

 具体的には、6月26日の海開きから7月31日まで、音量出力の小さいスピーカーによるBGMを認める。また、営業時間は午後6時半までを維持しつつ、観光協会などが主催する活性化イベントが夜まで開催される日は、午後8時まで営業を許可する。

 そうした運用状況を踏まえた上で、7月下旬に同検討会などを開き、8月の方向性を決定する。

 営業時間や音楽に関しては条例の規則に盛り込まれており、市長は今後、試行的実施の内容を担保する付則を新たに加える。

 逗子市は昨夏、音楽や砂浜での飲酒を禁じるなど「日本一厳しい」という規制を実施。海の家の営業時間も午後6時半までに短縮させ、治安と風紀が大きく改善した。同検討会では、海岸周辺の住民から「せっかく良くなった治安を本当に維持できるのか」といった根強い反対意見があらためて出された。

 これに対し平井市長は、「(治安と活性化を両立する)妥協点をこの間、探してきた。今回の試行を多くの人に評価してもらい、駄目なら手を打つ。わたし自身、責任を持ってより喜んでもらえる海を目指す」と強い決意を表した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会