1. ホーム
  2. 選挙
  3. 継続か刷新か 開成町長選告示

継続か刷新か 開成町長選告示

選挙 神奈川新聞  2015年04月22日 03:00

左から府川氏、山本氏
左から府川氏、山本氏

 任期満了に伴う開成町長選が21日、告示された。前回と同じ顔触れで、新人で元会社理事の山本研一氏(61)=自民党推薦=と再選を目指す現職の府川裕一氏(59)=右から届け出順=が激突。両候補者は街に繰り出し、支持を呼び掛けた。


山本 研一氏(61)実行力とパイプ発揮
 開成町は小児医療費の助成が県内でも最低レベル。これをまず拡充する。

 町が100億円近い借金を抱える中、20億円以上をかけた町庁舎の建て替えが計画されている。私なら積立金をためた上で、半分の予算で建てる。残りを本当に困っていることに回すべきだ。

 私の強みである民間企業で鍛えた実行力と、自民党の推薦候補としての国・県とのパイプで開成町を変えていく。 (開成駅近くの事務所前)
 ◆選挙事務所=開成町吉田島4351の9、電話0465(20)3639。


府川 裕一氏(59)子どもの声響く町へ
 県西地域で唯一、人口増が続いている。それを継続・発展させるのが私の仕事だ。

 今後人口2万人を目指すという夢を持っている。南部地区土地区画整理事業も一段落し、若い世代の定住が進むよう、さらに子育て支援策の充実や教育に力を注ぎたい。

 南足柄箱根道路などの整備が進む。町も瀬戸屋敷周辺を整備しにぎわいを取り込みたい。子どもの声が響く町へ、次の4年間を任せてほしい。 (延沢の事務所裏)
 ◆選挙事務所=開成町延沢231、電話0465(82)0797。


シェアする