1. ホーム
  2. 経済
  3. 横浜の港と海を満喫 「横浜スパークリング」7月開催へ

横浜の港と海を満喫 「横浜スパークリング」7月開催へ

経済 神奈川新聞  2015年04月21日 03:00

名誉委員や実行委員が一堂に会した拡大実行委員会=産業貿易センター
名誉委員や実行委員が一堂に会した拡大実行委員会=産業貿易センター

 横浜の港と海を満喫できるイベント「横浜スパークリングトワイライト2015」の拡大実行委員会が20日、横浜市中区で開かれた。委員ら約20人が出席、今回も安全確保を第一に運営することなどを確認した 

 4回目を迎えるイベントは7月18、19の両日、山下公園やその周辺で開かれる。初開催時に約12万人だった来場者も、回数を追うごとに増加。前回は約39万人で、横浜の新たな夏の風物詩に成長した。

 拡大実行委で、小此木歌藏委員長は増える来場者数を「市民がいかに楽しみにしてくれているかが理解できる」と喜び、「市民にもっと定着するイベントにしたい」と意気込んだ。名誉会長の林文子市長の代理で出席した渡辺巧教副市長は「皆さんと力を合わせ、横浜にさらなる活気をつくり出したい」とあいさつした。

 イベントでは横浜港で働く船やシーカヤックがパレードするほか、民族衣装をまとった各国の人々が山下公園通りを練り歩く。夜には電飾された船が公園前の海上に集結する中、1日3千発の花火が横浜の夏の夜空を彩る。


シェアする