1. ホーム
  2. 社会
  3. 「限界団地」から 暮らしの維持が課題に/4市長選

「限界団地」から 暮らしの維持が課題に/4市長選

社会 神奈川新聞  2015年04月20日 10:06

新たに整備され、子どもたちでにぎわう浜見平団地の公園。隣接して建て替え前の棟(奥)が立ち並ぶ
新たに整備され、子どもたちでにぎわう浜見平団地の公園。隣接して建て替え前の棟(奥)が立ち並ぶ

◇超高齢化や人口減

 平塚、茅ケ崎、大和、南足柄の4市で19日、今後4年間のかじ取り役を決める市長選が始まった。交通利便性や生活環境の魅力を企業誘致や中心市街地の活性化につなげてきたこの4市でも、超高齢化と人口減の課題や影響が表れ始めている。「縮小」を見据えながら支え合いの仕組みをどう築き、暮らしを守っていくか。課題を先取りする団地と、郷土の歴史を紡いできた山あいの集落に現状を追った。

 平塚、茅ケ崎、大和の3市はそれぞれ人口が20万を超えている。高度成長期を中心に東京のベッドタウンとして人口が伸びてきた背景には、住宅難を解消するために都市や郊外に供給された旧公団住宅(現UR賃貸住宅)の存在がある。

 その先駆けとなった茅ケ崎市南西部の浜見平団地。完成したのは、人々が東京オリンピックに沸いた1964年だった。約1万2千人が入居したが、半世紀を経た昨秋の時点の人口は3400人余り。65歳以上の高齢者が半数近くを占めている。同団地自治会の武田市太郎会長(82)は言う。「ここはまさに限界団地。自治会役員も高齢化し、運営は厳しい」

 それでも、管理する都市再生機構(UR、横浜市中区)が10年前に全面建て替えに乗り出し、一部は既に完成。今月、市の窓口や認可保育所などが入った複合施設が開所し、周辺には子育て世代が集う。同自治会の松原隆事務局長(74)は「遠くへ出掛けなくても用事を済ませられるようになった」と喜ぶ一方、指摘する。「もっと早く着手していれば、ここまで高齢化が進まなかったはずだ」

 相模川を挟んで隣り合う平塚市の西部には、平塚高村団地がある。約700戸あるが、現在の入居は400世帯程度にとどまる。集合ポストのあちこちに掛かる「投函無用」の札が空き室の多さを物語っている。

 「引っ越してくる人以上に出ていく人が多い」と自治会の関弘明会長。隣接して複数の小中学校があるものの、団地に住む児童は十数人しかいない。かつて住民を結ぶ場でもあった団地内のスーパーや商店は福祉活動の拠点に替わり、空き店舗もある。「平塚駅までバスで30分近くかかる。大きな工場のような働く場所が近くになければ、若い人に住んでもらうのは難しいだろう」

 一方、大和市の上和田団地(約1300戸)は平塚高村団地より古いが、小田急線高座渋谷駅から徒歩圏にある。URは「現時点で大きな問題はない」と判断している。

 しかし、単身で居住する80代の女性は不安を口にする。「階段の上り下りが一苦労。もし転んだりしたら…」。立ち並ぶ5階建ての棟にエレベーターはなく、高齢者にとっては悩みの種だ。60代の女性は「静かで住みやすいけれど、スーパーへの道をもっと歩きやすくしてほしい」と訴える。

 超高齢化や人口減が進む地域が問うているのは、生活者の視点がまちづくりに生かされているかどうかだ。


◇畑荒廃危機/南足柄・矢佐芝地区
 南足柄市の人口は4万3千人余りで、ピークの2002年から千人ほど減少している。市は「人口減は今後、加速する」とみているが、現状でも存続が危ぶまれている集落がある。

 最寄りの伊豆箱根鉄道大雄山線塚原駅から3キロ余り離れた矢佐芝地区。中山間地に19世帯(3月1日現在)が点在する。農家が中心の住民は53人と20年余りでほぼ半減、高齢化も進み、担い手不足が深刻になっている。

 季節の野菜を栽培している自治会長の鈴木さん(63)は代々受け継いできた畑を見つめ、つぶやく。「家族で食べる分を作るので精いっぱい。このままでは畑は荒れてしまう」

 約5千平方メートルの畑を所有する鈴木さんが作付けするのは5分の1ほど。今は何とか定期的に手入れをしているが、荒廃を防ぐのがやっとの状況だ。「この年齢になると結構疲れる。意欲を維持するのは難しい」。イノシシなどによる作物の食害も後を絶たず、「みんな嫌になって農業をやめてしまう。このままでは地域は廃れ、自治会の運営も立ちゆかない」と憂う。


シェアする