1. ホーム
  2. 話題
  3. 三浦・児童合唱団が澄んだ歌声 創立30周年記念で披露

三浦・児童合唱団が澄んだ歌声 創立30周年記念で披露

話題 神奈川新聞  2015年04月19日 03:00

振り付けを交えながら歌声を披露する子どもたち=三浦市民ホール
振り付けを交えながら歌声を披露する子どもたち=三浦市民ホール

 三浦市の児童合唱団「グリーンコール」の創立30周年を記念したコンサートが18日、三浦市三崎の市民ホールで開かれた。合唱団に所属する小中学生や卒業生ら計10人が澄んだ歌声を披露した。

 グリーンコールは、音楽大学で声楽を学んだ新倉緑さん(52)=同市三崎町諸磯=が恩師の勧めで1985年に始めた。現在は市内の小学4年~中学2年生計5人が参加。市北部の初声市民センターを拠点に練習を重ね、発表会などで歌声を披露している。

 コンサートでは「赤とんぼ」「ふるさと」といった童謡のメドレーなどを合唱。振り付けも交えたミュージカル仕立てでディズニー映画の音楽を披露すると、約90人の来場者から手拍子が起こった。

 新倉さんは「子どもたちや保護者に支えられて30年間続けられた。人とのつながりを大切にし、今後も子どもたちが伸び伸びと歌える曲を歌っていきたい」と話していた。


シェアする