1. ホーム
  2. 経済
  3. コンテナ、4年で倍増 川崎港

コンテナ、4年で倍増 川崎港

経済 神奈川新聞  2015年04月16日 03:00

川崎港で荷揚げするコンテナ船(川崎市港湾局提供)
川崎港で荷揚げするコンテナ船(川崎市港湾局提供)

◇航路新設 追い風に

 川崎港で扱うコンテナ貨物が増え続けている。東京、横浜の二大商港には遠く及ばないものの、2014年の取扱量は4年前から倍増の勢い。アジア方面への積極的なポートセールスが実り、相次いで定期航路を開設したことがデータにも表れ始めた。川崎市はさらなる新規航路の誘致にも意欲的だ。

 市の港湾統計によると、同港の14年の取扱量(速報値、20フィートコンテナ1個を1TEUに換算)は7万6372TEU。09年(3万4604TEU)を境に増加へ転じ、10年の3万6912TEUからは倍増。13年には輸出入を合わせた外貿が国内の移出入を示す内貿を5年ぶりに上回った。

 取扱量を押し上げるのは、相次ぐ海外定期航路の新設だ。12年5月、中国の船会社「海豊国際航運有限公司(SITC)」が青島航路を開設したのを手始めに、上海・ハイフォン(ベトナム)、煙台・大連便を誘致。海外航路は週8路線にまで増えた。


 同港は「国際コンテナ戦略港湾」に位置付けられている京浜港の一翼を担うが、13年に年間約490万TEUの東京港や同約290万TEUの横浜港のはざまで長期低迷を続けてきた。一方、コンテナターミナルのある東扇島地区には大手食品メーカーの冷凍・冷蔵倉庫が集積。保管能力は国内最大の約100万トンに上る。

 川崎側はこうした強みを生かし、冷凍食品の生産拠点が多い青島との直行便を開設。東京、横浜経由で東扇島に陸送していた業者の経費節減にもつながるとして歓迎された。市港湾局は「円安で輸入系が苦戦する中、輸送コストを抑えたいという企業が増えているのは確か」と分析する。

 また、上海やハイフォンからはホームセンターなどが扱う日用雑貨を受け入れ、北関東エリアの物流拠点へつなぐ。同局は20年東京五輪を控え、東京港の混雑化も予測。二大商港の隙間を縫う形で取扱量を増やしていく青写真を描く。

 3月下旬からは上海・ハイフォン航路を週2便化。開設要望の強いレムチャバン(タイ)への航路誘致に向けたポートセールスにも力を注ぐ。同局は「16年度までに(過去最多の)10万TEUを目指したい」としている。


シェアする