1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ハワイ移民の記憶映画に 18日、北鎌倉で上映会

ハワイ移民の記憶映画に 18日、北鎌倉で上映会

カルチャー 神奈川新聞  2015年04月15日 03:00

ドキュメンタリー映画「Go for Broke!」の上映会を開く松元監督
ドキュメンタリー映画「Go for Broke!」の上映会を開く松元監督

 ちょうど130年前、日本人を乗せたハワイ行きの移民船が出航した-。日系2世の語りに耳を傾け、丹念に記録したドキュメンタリー映画「Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶」が18日、北鎌倉で上映される。彼らが生産を支えたコナ・コーヒーも振る舞われる。

 監督は鎌倉市山ノ内在住の松元裕之さん(50)。広告業界に長く勤め、観光でハワイへも足を運んだ。

 2008年、マウイ島にある日系2世退役軍人の功労を記念し建てられた施設内の「カンシャ(感謝)保育園」の存在を知り、支援を目的としたNPO法人を10年に立ち上げた。厳しい労働や差別など異国での苦労を知る2世の記憶をとどめたいと、同じころカメラを回し始め、12年に完成した。

 話を聞かせてくれた2世は34人。子ども時代の思い出、生活での一こま…。太平洋戦争時には、多くの男性が「親の強制収容を免れられるかもしれない」と兵役を志願した。

 「恩義や礼儀。今の日本人が忘れかけている人間味が、2世たちの語りに見えた」と松元さん。「当たって砕けろ」を意味するタイトルは、戦中、日系人でつくられた第442連隊でのモットーだった言葉だ。

 当日は、米カリフォルニア大学やタイ王室関連のコーヒーアドバイザーなどを歴任した川島良彰さんと松元さんの対談も予定している。

 JR北鎌倉駅前の多目的スペース「北鎌倉ツドイ」で午後1時半開演。コーヒー付きで3500円。問い合わせは、松元さん電話090(3501)1249。


シェアする