1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「医療拠点誘致を」 瀬戸氏、現職6選阻む 県議選南足柄選挙区

「医療拠点誘致を」 瀬戸氏、現職6選阻む 県議選南足柄選挙区

選挙 神奈川新聞  2015年04月14日 03:00

支援者からの祝辞に笑顔の瀬戸良雄氏=13日午前0時15分ごろ、南足柄市千津島の事務所
支援者からの祝辞に笑顔の瀬戸良雄氏=13日午前0時15分ごろ、南足柄市千津島の事務所

 12日投開票された県議選南足柄市選挙区では、県議会の「県政会」の重鎮で6期目を目指した現職の川上賢治氏(76)が新人の瀬戸良雄氏(67)に敗れた。波乱の展開の末、4年前と両者の明暗が逆転した。

 同日午後10時40分すぎ、同市関本の川上氏の事務所にいた近隣首長らが、席を立って同市千津島の瀬戸氏の事務所に移動し始めた。

 市選挙管理委員会の確定が出たのは、同10時49分。瀬戸氏9623票、川上氏7901票。瀬戸氏は、川上氏に敗れた前回県議選から約2800票積み上げた。

 支援者らに囲まれて万歳三唱が繰り返された事務所前で、瀬戸氏は「1票をいただいた皆さんに感謝です。市民の良識が示された」と満面の笑み。「前回苦杯をなめてから4年間地道に地域を回った。現職の実績は評価するが、5期は長いという多くの声が6選阻止を選んだと思う」と勝因を分析した。

 初めて臨む県議会に向けて「県の進める未病対策を具現化するため、大学など医療・福祉の拠点を足柄地域に誘致できれば。道の駅をはじめインフラ整備にも取り組みたい」と力強く述べた。

 一方、一夜明けた13日、川上陣営では、支援者らが事務所の後片付け。川上氏は「私の力不足だった。市議・県議を通じて36年間、私を支援してくださった市民の皆さんに心から感謝したい」と敗戦の弁を述べた。選挙戦では、一部報道された政務活動費問題について「違法性はなかったと説明に努めたが、影響を払拭(ふっしょく)しきれなかった」と悔しさをにじませた。


シェアする