1. ホーム
  2. 社会
  3. 暴行死か?高校生を逮捕

暴行死か?高校生を逮捕

社会 神奈川新聞  2015年04月12日 03:00

 横浜市鶴見区の鶴見川河川敷で酔いつぶれた友人を暴行して放置し、死亡させたとして、県警少年捜査課と鶴見署は11日、保護責任者遺棄致死と暴行の疑いで、いずれも17歳で区内に住む高校3年の男子生徒3人を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀して2014年12月23日午前0時から同6時40分ごろまでの間、同区市場下町の鶴見川河川敷で、酒を飲まされ寝込んでいた専門学校生の男子生徒=当時(17)、同区尻手2丁目=を殴ったり川に落としたりして暴行。さらにその後、河川敷に放置して死亡させた、としている。県警の調べに対し、3人は容疑を認め、「起こすために暴行した」などと供述している。

 県警によると、工事作業員が今年1月7日、現場から約110メートル上流の水面に浮かんでいた遺体を発見し、110番通報した。司法解剖の結果、死因は溺死で、県警は3人が立ち去った後、男性が川に転落して死亡したとみている。

 県警によると、4人は区内の同じ市立中学の同級生。22日夜から23日にかけ、近くのコンビニで焼酎やウオツカを購入、河川敷で敗者が飲酒する方式のゲームで遊んでいたが、男性の負けが続いたという。


シェアする