1. ホーム
  2. 社会
  3. 八重桜上手に摘めたよ 秦野で園児が作業体験

八重桜上手に摘めたよ 秦野で園児が作業体験

社会 神奈川新聞  2015年04月10日 03:00

園児らが摘み取った頭高山の八重桜=秦野市千村
園児らが摘み取った頭高山の八重桜=秦野市千村

 食用の八重桜で全国有数の生産量を誇る秦野市千村地区で9日、市立しぶさわ幼稚園の園児らが花の摘み取り作業を体験した。

 年長組の62人が参加。小さな手で丁寧に花を摘み取った女児(5)は「ピンク色の桜がきれいで楽しかった」と笑顔を見せた。園児らにもぎ取り方などをアドバイスした農家の小野孝允さん(69)は「教えた通りに上手に摘めているね」と話していた。今後、約2週間かけて摘み取っていくという。

 市によると、同地区の八重桜は約2500本。年間出荷量は15~20トンで全国シェアの7~8割を占める。花は塩漬けに加工され、5月以降に店頭に並ぶ。


シェアする