1. ホーム
  2. 話題
  3. 堤防ピンクに染めて 相模原でシバザクラ見ごろ

堤防ピンクに染めて 相模原でシバザクラ見ごろ

話題 神奈川新聞  2015年04月07日 03:00

堤防斜面をピンクに染めるシバザクラ=相模原市南区
堤防斜面をピンクに染めるシバザクラ=相模原市南区

 地元住民が丹精込めたシバザクラが、相模原市南区の相模川左岸堤防で見ごろとなった。小さな花が堤防の斜面をピンクに染め上げ、散策に訪れる人たちの目を楽しませている。

 堤防斜面の「相模川芝ざくらライン」のうち、下流の約800メートルを管理するのは、地元の「新戸相模川芝ざくら保存会」。防草シートを斜面に張ったところに苗を植え替えるなど、手入れに汗を流している。

 それだけに、色鮮やかに咲くシバザクラに同保存会の児玉高典会長(79)は目を細め、「今週いっぱいは十分に楽しめます」と来場を呼び掛ける。11、12の両日にはジャズ演奏やチアリーダー演技、ビンゴゲームなどのイベントを予定している。

 JR相模線相武台下駅から相模川に向かって徒歩約15分。開花状況の確認は、市コールセンター電話042(770)7777。


シェアする