1. ホーム
  2. 選挙
  3. データで見る県内4議員選

データで見る県内4議員選

選挙 神奈川新聞  2015年04月04日 12:21

女性候補者の推移
女性候補者の推移

 3日告示された県議選と、横浜、川崎、相模原の政令市議選に届け出た女性候補者の割合は17・1%で、18・1%だった前回に比べて1・0ポイント下がった。全候補者の平均年齢は51・1歳で、49・6歳だった前回より1・5歳上がった。


◆女性候補↓ 17%相模原と川崎で減
 女性候補者は県議選で31人(前回29人)、横浜市議選で23人(同23人)、川崎市議選で15人(同20人)、相模原市議選で9人(同14人)だった。

 県議選と横浜市議選では候補者の数が減る中、女性の占める割合が増えた。一方で、川崎市議選は候補者が増える中、女性候補者は減り、相模原市議選では候補者、女性候補者いずれもが減り、女性の占める割合が落ち込んだ。割合が最も高かったのは横浜市議選で18・0%で前回より1・8ポイント増えた。最も低かったのは相模原市議選で13・2%。前回より5・2ポイント下がった。


◆平均年齢↑ 51歳最年長91歳最年少25歳
 各選挙戦の候補者の平均年齢は川崎市議選が50・0歳と最も若く、横浜市議選の50・9歳、県議選の51・0歳、相模原市議選の53・0歳と続く。最年長は相模原市議選の91歳だった。最年少は川崎市議選、相模原市議選の25歳だった。

 候補者を世代別にみると、川崎市議選は70歳以上の候補者がいないが、相模原市議選では全候補者の10・3%となっている。


立候補者の年代別構成
立候補者の年代別構成

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り