1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 白星発進 笑顔満開 ベイスターズ本拠地開幕

白星発進 笑顔満開 ベイスターズ本拠地開幕

ベイスターズ 神奈川新聞  2015年04月01日 03:34

2回裏が終了し、入場時にプレゼントされた青いヘルメットを掲げ、ウエーブする観客=横浜スタジアム
2回裏が終了し、入場時にプレゼントされた青いヘルメットを掲げ、ウエーブする観客=横浜スタジアム

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの本拠地開幕戦が31日、横浜スタジアム(横浜市中区)で行われた。今季は新たな特設シートが4カ所にお目見え。来場者にはレプリカのヘルメットも配られ、青く染まったスタンドは約2万8941人の熱気であふれた。


◇新設シートもお目見え
 今季の改修では、バックネット裏上段に、試合の映像やブルペンの様子をモニターで見られる「ベースボールモニターBOXシート」を設置。三塁側スタンド上段には寝転んで観戦できる「リビングBOXシート」や球場最上段の「スカイバーカウンター」といった席が設けられた。

 ベースボールモニターBOXシートで長男(6)とともに観戦した東京都の会社員(47)は「ホームランをリプレイで何度も見られるし、いろいろな映像が楽しめる」と満足げ。スカイバーカウンターでは横浜市神奈川区の会社員(30)が序盤の攻勢に早くもほろ酔い。「店で飲んでいる感覚。見渡しも良いし最高」と上機嫌だった。

 二回の攻撃終了時には、入場時に配布されたホーム用のレプリカヘルメットを揺らし、ウエーブが球場を一周。発光ダイオード(LED)化されたナイター照明の下、スタンドが一体となって本拠地の開幕を祝った。川崎市宮前区の会社員(31)は「新主将筒香をはじめ打線も活発だし、投手陣もそろってきた。優勝しかない」と勢い込んでいた。


地元開幕戦。1回裏横浜DeNAに先制の満塁本塁打が飛び出し、大喜びするベイスターズファン=横浜スタジアム
地元開幕戦。1回裏横浜DeNAに先制の満塁本塁打が飛び出し、大喜びするベイスターズファン=横浜スタジアム

シェアする