1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「Y156」で魅力発信 横浜で5月に催し

「Y156」で魅力発信 横浜で5月に催し

カルチャー 神奈川新聞  2015年04月01日 03:00

横浜市心部の商店街が連携し、にぎわいづくりを目指す「横浜セントラルタウンフェスティバルY156」=横浜市中区
横浜市心部の商店街が連携し、にぎわいづくりを目指す「横浜セントラルタウンフェスティバルY156」=横浜市中区

 開港の地である横浜市心部のにぎわいづくりを目指すイベント「横浜セントラルタウンフェスティバルY156」が5月29~31日の3日間にわたり開催される。関内、馬車道、山下公園通り、横浜中華街、元町・山手エリアの商店街組織などでつくる実行委員会と横浜市の共催。

 初日は神奈川芸術劇場で歌手クリスタル・ケイさんらが出演してオープニングセレモニーが開かれる。メーン会場の山下公園では、コンサートやダンス、ファッションショーが展開され、31日には横浜で主人公がパティシエ修業をする物語のNHK連続テレビ小説「まれ」のトークステージも行われる。

 期間中はジャズフェスティバル(馬車道)、フリーマーケット(山下公園通り)、獅子舞イベント(中華街)、スイーツイベント(元町)、フードフェスティバル(関内)など、各地区でイベントが予定されている。

 実行委の浜田賢治委員長らは3月30日会見し、「このイベントを機にまち歩きや名店も楽しんでもらい、横浜のファンを増やしたい」などと述べた。

 同イベントは、2009年の開国博Y150の翌年から毎年開かれ、昨年は延べ89万人が来場したという。問い合わせは、実行委事務局電話045(641)1557。


シェアする