1. ホーム
  2. 話題
  3. 「よこすか海の幸フェア」 第3弾が9日から

「よこすか海の幸フェア」 第3弾が9日から

話題 神奈川新聞  2015年04月01日 03:00

2日から配布する第3弾「よこすか海の幸フェア」のガイドブック
2日から配布する第3弾「よこすか海の幸フェア」のガイドブック

◇14店が独自メニュー
 横須賀市は9日から、第3弾となる「よこすか海の幸フェア」を開催する。フェア食材を通し、魚介類をはじめとする横須賀産食材の魅力を伝えることが目的。本紙横須賀・湘南版で連載中の「横須賀佐島・魚行商のおかみさんレシピ」とも連動し、地産地消の推進を図っていく。

 今回のフェア食材は、イカ、ヒジキ、カタクチイワシ(シコイワシ)の3種で、期間は5月2日まで。企画に参加する市内の14飲食店がフェア食材を用いたオリジナルメニューを各店で提供し、6カ所の販売店もフェア食材の販売に力を入れていく。

 今月2日から配布するガイドブックでは、14店の「ゆで上げヒジキの油まみれ」「ヤリイカと地野菜のサラダ仕立て」「シコイワシの棒ずし」などを紹介。

 漁師が薦める「スルメイカの肝炒め」「ヒジキのイタリアンマリネ」「シコイワシのから揚げ」といった「浜メシ」も取り上げ、詳しいレシピをフェアのホームページに掲載している。今回のガイドブックには、参加飲食店で使えるクーポン券を初めて付けた。

 A5判16ページ。第1弾は1万部を作製したが好評で足りなくなったため、第2弾から1万5千部の発行としている。

 市役所、各行政センターや、京急線横須賀中央駅、よこすかポートマーケットなどで配布している。

 問い合わせは市農林水産課電話046(822)8298。


シェアする