1. ホーム
  2. 社会
  3. 選手ら招き利点PR 東京五輪トレセン誘致で確認

選手ら招き利点PR 東京五輪トレセン誘致で確認

社会 神奈川新聞  2015年03月31日 03:00

 2020年東京五輪に向けて選手を強化する拠点となるナショナルトレーニングセンター(NTC)の拡充施設誘致を目指す横須賀誘致委員会(竹内英明会長)の第2回総会が30日、横須賀市役所で開かれた。海洋・水辺系や屋外系競技の誘致活動を引き続き行っていく方針を確認した。

 さらに今後、横須賀が候補地としているワイハート地区(衣笠町など)と北下浦地域の利点を訴えるため、各種目の団体やアスリートを招く活動にも取り組んでいくという。

 誘致委は、国の動向などから既存のNTC隣接地(東京都北区)が最有力との認識を確認。だが、同隣接地は面積が小さいため、集約しきれない競技を招き寄せることを目指していく。具体的には、ウインドサーフィン、馬術、マウンテンバイクなどの競技をターゲットにしている。

 昨夏には、文部科学省スポーツ・青少年局の課長らが現地視察に訪れたが、今後は各競技団体から声を上げてもらえるよう、各団体や選手を招いていく。

 竹内会長は「(候補地は)面積を含め、とてもいい場所だが、見ないと分からないと思うので、まずは現場を見て実感してほしい。こんないい場所があるという意識を共有してもらい、裾野を広げたい」と話している。


シェアする