1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ノジマ白星発進 なでしこ2部が開幕

ノジマ白星発進 なでしこ2部が開幕

スポーツ 神奈川新聞  2015年03月29日 16:27

前半35分、先制ゴールを決めて喜ぶFW権野(右から3人目)らノジマステライレブン=ギオンス
前半35分、先制ゴールを決めて喜ぶFW権野(右から3人目)らノジマステライレブン=ギオンス

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ2部は28日、相模原市南区の相模原ギオンスタジアムなどでの2試合で開幕し、創立4年目のノジマステラ神奈川相模原がJAPANサッカーカレッジレディースに2-0で快勝した。ノジマステラは前半35分、権野が先制すると、後半19分には田中が追加点を挙げた。

新戦力 攻守に躍動

 1部昇格へ好発進だ。新加入の6人を先発に並べたノジマステラ神奈川相模原が開幕戦で2-0の白星スタート。快勝劇の主役はその期待される新戦力の面々だった。

 まずは前半35分。1部の仙台から加入したMF川島が左サイドを切り裂くと、新人の権野が中央のスペースに走り込む。「お互いに思った通りのところ」に来たクロスを右足で合わせ、先制点をゲット。「きょうは点を取ると確信していた」という菅野将晃監督(54)の予感に応え、右拳を高々と突き上げた。

 続いたのは、1部強豪のINAC神戸から移籍してきたMF田中。後半19分、FW権野のパスを受けて豪快にゴールを貫いた。「絶対に勝つという強い気持ちを持ってやっていく」。新天地で再起を期す思いを2点目に結ばせた。

 立役者は攻撃陣だけではない。「素晴らしいプレーだった」と指揮官が手放しでたたえたのは高卒1年目のセンターバック平野。素早いプレスでピンチの芽を摘んだ。

 1月下旬に台湾で初の海外キャンプを張り、台湾代表などとの23試合ものゲームを通して磨いてきた連係は本物だ。「ことしは絶対に昇格」とMF尾山。イタリア語で星を意味する「ステラ」が瞬きながら発進した。

【神奈川新聞】


シェアする