1. ホーム
  2. 社会
  3. 桜ライトアップ中止 電線盗まれ

桜ライトアップ中止 電線盗まれ

社会 神奈川新聞  2015年03月25日 10:05

 平塚市の渋田川沿い(同市西真土など)で行われてきた恒例の桜のライトアップが、今年は中止される。2月末に使用する予定だった電線が盗まれる被害が発生したためで、主催者側が苦渋の決断をした。

 渋田川沿いには住民らが育ててきた桜約600本があり、毎年4月第1日曜日には地元住民らでつくる実行委員会が「渋田川桜まつり」を開いている。ライトアップは夜桜見物でまつりを盛り上げようと9年前にスタート。まつり直前から当日まで、ちょうちん約300個や投光器を使って桜を照らしてきた。今年は4月1日からまつり当日の5日までの予定だった。

 盗難が発覚したのは、2月26日。土手に設置されている倉庫2カ所から、保管していた全長計約2・4キロメートルの電線が盗まれているのを、実行委のメンバーが見つけた。平塚署は窃盗容疑で捜査、転売目的の可能性もあるとみている。

 実行委は発生から日が浅く、再び盗難に遭う危険性があることなどから、中止を決定。「管理方法などを検討し、来年は開催したい」と話している。まつりは4月5日午前10時から午後3時まで。出店や中高生らの吹奏楽演奏などがある。問い合わせは実行委の山木正さん電話090(7418)8507。

【神奈川新聞】


シェアする