1. ホーム
  2. 社会
  3. 神奈川県警初の女性次長 石垣警視「後進に道切り開く」

神奈川県警初の女性次長 石垣警視「後進に道切り開く」

社会 神奈川新聞  2015年03月24日 03:00

藤沢署刑事・生活安全担当次長に就任した石垣警視
藤沢署刑事・生活安全担当次長に就任した石垣警視

 藤沢署の刑事・生活安全担当次長に、石垣由美子警視(57)が今月着任した。大規模署の部門ごとに置かれる次長職は課長の上に立つ要職で、生え抜き女性の就任は県警で初めて。とかく「女性初」の言葉がついて回る立場にプレッシャーもあるが、「後進に道を切り開きたい」と意欲を燃やす。

 石垣警視は、県警で5人(うち1人は警察庁出向中)しかいない生え抜き女性警視の1人。前職は捜査1課性犯罪捜査担当代理で、捜査はもちろん被害者支援にも尽力してきた。

 「剛だけでなく柔の部分も大切にやっていきたい」。力強く犯人に迫る捜査が「剛」なら、被害者に寄り添うきめ細かい姿勢が「柔」というわけだ。

 父親が警察官だったこともあり、大卒後の1980年に憧れて県警入り。83年に結婚し2人の息子を育てながら仕事を続けた。「大変だったが、警察官を辞めたいと思ったことはない」。きっぱりと話す。

 そのころから漠然と事件捜査に携わりたい思いはあったが、「前例もほとんどなく、子育てとの両立も難しい」と考えていた。20年ほど前、1度目の藤沢署赴任が転機となり、交通捜査を皮切りに刑事のノウハウを学んだ。

 その後も交通機動隊や警察学校教官、県警音楽隊副隊長など幅広い分野で活躍。経歴にはいつのころからか、「女性初」や「女性の先駆け」といった言葉がついて回るようになった。

 心に残る捜査は「藤沢署で最初に扱った交通死亡事故。実況見分の手が震えたことを覚えている」。そんな原点の地に再び赴くことになり、「近年の藤沢は性犯罪が多い。前職の経験も生かし、まずはこれに取り組む」。市民の安全安心へ、力を込めて語った。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱